【2021年】グリーン住宅ポイント制度とは?

グリーン住宅ポイント制度 新築・リフォームで家電・食品など、さまざまな商品と 交換できるポイントがもらえます。
消費税10%引き上げ後の新築・リフォームを支援!グリーン住宅ポイント制度 スマートフォン用の画像

グリーン住宅ポイントとは?

 

グリーン社会の実現および地域における民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を通じて、 新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、 一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、 「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。

政策全体の流れ

戸別申請で標準的な場合を示したもの

※1 ポイント発行申請は、原則、対象住宅の所有者となる方等が行うが、工事施工者や分譲事業者が代理で行うこと(代理申請)も可能。
なお、代理申請を行う場合でも、ポイントは申請者へ発行。

グリーン住宅ポイントの
発行対象と上限

グリーン住宅ポイントの発行対象となるのは、2020年12月15日~2021年10月31日までの住宅取得とリフォームで大きく以下の4種類がございます。

  1. ①新築住宅の建築・購入
  2. ②既存住宅の購入
  3. ③住宅(持家・賃貸)のリフォーム工事
  4. ④賃貸用の共同住宅等を建築

まずは、それぞの上限数などを見ていきましょう。

①新築住宅の建築・購入 一戸あたり30万~100万ポイント 主な条件は、建築1年以内で未入居、一定以上の省エネ性能を有する住宅となります。
②既存住宅の購入 一戸あたり15万~45万ポイント 主な条件は、代金が100万円(税込)以上、同一住宅は1回までとなります。
③住宅(持家・賃貸)のリフォーム工事 工事の内容に応じて5万~60万ポイント 同一住宅で複数回可、賃貸住宅も可能となるのが特徴です。 次の項目で更に細かくご案内いたします。
④賃貸用の共同住宅等を建築 一棟単位一戸あたり10万ポイント ※賃貸住宅の建築の場合、ポイントの利用は追加工事のみとなります。

グリーン住宅ポイントの対象となる
リフォーム工事

持家、賃貸に限らずリフォーム工事もポイントの発行対象。
リフォームでは、最大30〜60万円相当のポイントがもらえるお得な制度となっております。
「1つ以上の省エネリフォームを行うことで、ポイントが発行されます」
となっておりますが具体的に見ていきましょう。

いずれか一つが必須となる工事

  1. ①開口部(窓やドア等)
    の断熱改修
  2. ②外壁、屋根・天井又は
    床の断熱改修
  3. ③エコ住宅設備
    (節水型トイレ等)の設置

任意で追加

※上記①~③のいずれかの工事と同時に行えばポイント付与の対象となるもの。

  1. ①耐震改修
  2. ②バリアフリー
    (手すり、段差解消等)改修
  3. ③リフォーム瑕疵保険等への加入

次に、どの位のポイントがもらえるかについてです。世帯の構成によって上限等が2パターンございます。

若者・子育て世帯

リフォーム一戸あたり上限45万ポイント

既存住宅を購入しリフォームを行う場合上限60万ポイント

一般の方

リフォーム一戸あたり上限30万ポイント

安心R住宅を購入しリフォームを行う場合上限45万ポイント

発行されるポイント数は、床の断熱であれば6万ポイント、など工事の内容によって細かく分けられております。
各工事ごとのポイントを積み上げ、上述の上限に則ってポイントが付与されます。

サービス概要

事業予算

1,094億円

商品交換申込期間

交換申込期間
2021年6月初旬~
2022年1月15日
(予定)

スケジュール

ポイント発行申請
2021年4月~
2021年10月31日
(予定)

契約・申請の
スケジュール

  1. ①対象物件2020年12月15日~2021年10月31日までに契約を締結した案件
  2. ②ポイント発行申請2021年4月~2021年10月31日まで(予定)
  3. ③交換商品の申込2021年6月1日~2022年1月15日(予定)

お得なグリーン住宅ポイント。発行の申請や交換の申込には期限がございます。
「うっかり忘れていた」
ってことにならないよう、グリーン住宅ポイントのポータルサイト「じゅーぽ(Ju-Po)」では
定期的にスケジュールを更新して参ります。

2020年「次世代住宅ポイント制度」との
違い

前回の次世代住宅ポイントとの大きな違いは制度の対象です。

次世代住宅ポイント 省エネ・耐震・バリアフリー等をまんべんなく対象
グリーン住宅ポイント グリーン社会の実現に資する、
主に一定の省エネ性能を有する住宅を対象

またポイント交換の対象についても「新たな日常」や「防災」に対応する追加工事もポイント使用の対象となっており、ポイントの利用の幅が広がっております。

グリーン住宅ポイント交換対象商品の分類

付与されたポイントは1ポイントあたり1円相当の様々な商品等と交換できます。
「新たな日常」に資する追加工事や防災に資する追加工事への即時交換工事へも使用可能です。
商品の交換申請は2021年6月初旬から受け付け開始予定。

交換申請方法は事務局にて準備次第公開

最新情報は以下をご参照願います。

https://greenpt.mlit.go.jp/about/